メインコンテンツに移動
第27回機械要素技術展

 

トライボロジー研究会、第32回講演会を開催

 トライボロジー研究会(運営委員長:杉村丈一 九州大学教授、事務局:協同油脂)は2月7日、Web会議システムを利用したオンライン方式により「トライボロジー研究会 第32回講演会」を開催した。今回は『カーボンニュートラルに向けたトライボロジー』をテーマに、以下のとおり行われた。

第32回トライボロジー研究会

・KEYNOTE SPEECH
「カーボンニュートラル達成のために自動車開発に求められることとは」佐川琢円氏(日産自動車)

・「CASE STUDYについて」足立幸志氏(東北大学)

・CASE STUDY:SESSION Ⅰ CO2排出量の少ない原料・加工・エネルギー
 「歯切り加工における鋼材の被削性に及ぼすSi、Al添加の影響」間曽利治氏(日本製鉄)
「完全ドライ潤滑を実現するダイレス成形用工具の開発」南部俊和氏(日産自動車)
「風力発電装置主軸用軸受の信頼性向上への取組み」小林康裕氏(ジェイテクト)

・CASE STUDY:SESSION Ⅱ CO2排出量原単位の低減技術【電動化におけるCO2排出量原単位の低減】
「カーボンニュートラルに貢献する潤滑油の低粘度化」新吉隆利氏(トヨタ自動車)
「電動車両向けトランスアクスル用フルードの性能向上技術」松原和茂氏(出光興産)
「電動自動車駆動モータ用高速回転玉軸受技術」吉川武文氏(日本精工)
「自動車の電動化に対応したボールねじ用グリース開発」河内 健氏(協同油脂)

・CASE STUDY:SESSION Ⅲ CO2排出量原単位の低減技術【トータルエネルギーマネージメントによるCO2排出量原単位の低減】
「超長寿命自動車用円すいころ軸受の開発」藤原宏樹氏(NTN)
「再生潤滑油基油を利用した重量車ディーゼルエンジン油によるカーボンニュートラルへの貢献」内藤康司氏(潤滑油協会 潤滑油品質委員会)

・特別講演
「ワクワクドキドキ心豊かな未来のか・た・ち!」石田秀輝氏(地球村研究室)