メインコンテンツに移動

NTN、ピッキングロボット用フィーダを開発

 NTNは、従来のパーツフィーダに、モータ駆動による回転円盤とエンコーダを組み合わせたピッキングロボット用の部品供給機「TRINITTE(トリニッテ)」を開発した。

 カメラおよびピッキングロボットと連携接続し、TRINITTEから出力するパルス信号とカメラから得られる画像処理信号をピッキングロボットに取り込むことにより、円弧軌道上のワークに追従して移動中のワークを掴む「円弧コンベアトラッキング技術」を活用した、非常に安定した部品の連続ピッキングを実現。これにより設備稼働率を大幅に向上できる。

 ワークの検査、組立、パレタイジングなどを人手で行う部品メーカーや、ロボットメーカー、システムインテグレーター(ロボットメーカーとユーザーの間に位置しシステム設計、製作を担う事業者)などに提案を進め、2024年に2億円/年の販売を目指す。

NTN TRINITTE bmt ベアリング&モーション・テック
TRINITTE


 ピッキングロボット、および周辺装置は、生産現場の省人化、効率化に向けて提案がなされており、ピッキング性能を左右するロボット性能(演算速度や位置決め精度など)やカメラの解像度などの高精度化が進んでいる。さらに、対象部品(以下:ワーク)形状の小型化、複雑化など多様化が進む中で、安定した連続稼働が求められている。

 通常、パーツフィーダは、ワークに応じてボウル(姿勢選別用の仕掛け)、シュート、ワーク切り出し機構を個別に設計、製作する専用機のため、ワークごとに構成部品の再設計・再製作が必要となり、段取り替えにも時間を要することが、長年の課題となっていた。

 今回開発したピッキングロボット用フィーダTRINITTEでは、TRINITTEから出力する回転円盤のパルス信号とカメラから得られる画像処理信号を、スカラ、多関節、パラレルリンクなどのピッキングロボットに取り込みます。その信号に基づき、円弧コンベアトラッキング技術を活用してロボットに動作指令を送ることにより、ワークの安定した連続ピッキングを実現した。

 さらに、専用ボウルにより多種多様なワークの供給を1 台で対応できるため、段取り替え時間の大幅な短縮を可能にした。

 なお、TRINITTEは、振動体・ボウル・円盤の三つの調和のとれたシステムを「Trinity(三位一体)と形容し、さらに「取りに行って」という日本語の意味を重ねたネーミングとしている。

 特徴は以下のとおり。

・ピッキングロボットとの連携接続による安定した連続ピッキング性能(設備稼働率の大幅アップ)

・設置面積△30%の省スペースレイアウトが可能(ボウル、シュート、切り出し機構がオールインタイプ)

 

NTN ピッキングロボットと連携接続させたTRINITTE bmt ベアリング&モーション・テック
ピッキングロボットと連携接続させたTRINITTE