メインコンテンツに移動

ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt」3月号「特集:鉄道車両」発行!

bmt3 ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt(ベアリング&モーション・テック)」の第5号となる2017年3月号が3月24日に小社より発行された。
 今号の特集は「鉄道車両」と題して、鉄道車両業界における課題と取組みについて概観するとともに、鉄道車両の検査周期の延伸といった各種ニーズと、それらに対応した主電動機や車軸などにおける軸受や潤滑剤(グリース)の長寿命化技術を含む各種技術について、取扱い、使用寿命の延伸の取組みなどをまじえて広く紹介している。また、キーテク特集として、軸受など機械要素の性能向上や耐久性向上、静音化などの機能性向上に貢献する「グリース技術」を取り上げている。

ニュースヘッドライン

 THKは、 独自開発による自律搬送ロボット「Lifter付きSEED-Mover」の受注を開始した。これに先立ち東日本旅客鉄道(JR東日本)では、7月からロボットを導入してJR高輪ゲートウェイ駅構内(通常非公開のエリア)で実証実験を始める。

 ナノコート・ティーエスは受託試験サービスの拠点である「トライボロジーラボ」(東京都昭島市)の試験・評価設備を拡充し、新規コーティングの開発につなげる受託試験の体制を増強している。

 EMGルブリカンツは、モービルブランドの油圧作動油製品ラインナップに、高引火点でキープクリーン性を有する非亜鉛系の耐摩耗性油圧作動油「Mobil DTE™ HFP シリーズ」 を新たに追加、国内販売を開始する。販売を始めるのは、粘度グレードISO VG46の「Mobil DTE HFP 46」(荷姿:200Lドラムおよび20Lペール)と粘度グレードISO VG68の「Mobil DTE HFP 68」(荷姿:同じ)で、この6月から受注を開始し、7月6日から出荷を開始する予定。